title

ジスロマックのジェネリックであるジスリンについて解説します

ジスリンは安くて便利なジェネリック

バイアグラ

肌と肌を重ね合わせることは、どうしても気持ちいいことばかりではありません。

そうです、“性病”に掛かってしまうリスクがあるからです。

とくに風俗でお仕事をしている女の子や、風俗に通っている男性なんかであれば、一度くらいは経験したことがあるかも知れません。

性病は適切に処置すればすぐに治るものではありますが、デリケートゾーンにかゆみや痛みがあるのは非常に不愉快なもの。

そんな時におすすめなのが「ジスリン」です。ジスリンはクラミジアや淋病などの性病に対してすぐに効果が出て、なおかつ副作用の少ない治療薬。

「ジスロマック」という医薬品をもとに作られたジェネリック医薬品であるため、安価で手に入れることができます。

周囲にバレないように通販で購入することができるため、いまお悩みの方や、安全のお守り代わりに……という方にもおすすめです。

ジスリンの入手方法

性病を治すための薬を病院にもらいにいくのは、なかなかハードルが高いと思います。

「誰かに知られてしまったら恥ずかしい……」そんな方でもご安心ください。

ジスリンのもととなったジスロマックは病院に行くと処方される処方箋医薬品ですが、ジスリンは通販サイトで誰にも知られることなくひっそりと購入することが可能です。

ただ、日本で処方箋医薬品を購入するにはやはり医師からの処方箋がないと購入ができないため、日本国内でそういった医薬品を販売しているところはありません。たとえ通販だとしてもです。

日本国内がだめなら、海外のサイトを利用すればいいのです。

海外では国に認可されている処方箋医薬品を合法的に販売することができます。ドラッグストアなどでも普通に販売されているほど。ですから、医薬品専門の海外の通販サイトを利用して個人輸入しちゃいましょう。

個人輸入の範囲内であれば、医薬品を通販することは法律には違反しません。

しかし、ここで“言語”の問題が出てきます。外国語ばかりのサイトを、お金を支払って利用することはすこしリスキー。本当に本物の医薬品なのかすら確認ができないため、言語を読み取れないサイトで購入するのはおすすめできません。

そこで便利なのが、個人輸入代行サービスです。

個人輸入を代行してもらえば、日本語のままわかりやすく確実にジスリンを手に入れることが可能です。

ジスリンの特徴

ジスリンは、性感染症の原因菌を殺菌する作用があります。

細菌は増殖するスピードが早いですが、高い殺菌効果によって根本から性病を取り払います。副作用が少なく安全に完治できるというのも、ジスリンが支持されるポイントです。

効果

病気を完治させることにおいて一番むずかしいのは、“継続した医薬品の服用”ではないでしょうか。たったひと飲みといえど毎日決まった時間に薬を飲み続けるのは、ある程度習慣化しないことには続きにくく、一度忘れてしまったままで結局薬を飲むこともやめて完治できないまま終わってしまう……いえ、ジスリンならそんなことにはさせません。

ジスリンは一度飲むと一週間の継続した殺菌抗菌効果を得られるすぐれもの。

つまり、決まった時間に何度も薬を飲まなければならないなんてことがありません。

副作用

ジスリンはすばやく性病を治療でき、抗菌効果が長く得られることで評価されています。

なおかつ妊婦であっても服用可能だとの研究結果が出ているほどに、非常に安全性の高い抗生物質でもあります。

しかし、副作用が完全にないです。と断言できるわけではありません。

副作用が出るのは完全に個人の体質の差ではありますが、少なからず副作用を感じる方もいます。

そのおもな副作用とは、“下痢”。お腹がゆるくなってしまうことがあります。

腸内に住み着いているいい細菌たちにまで作用してしまうことが原因であると言われていますが、この副作用が出た場合でもほとんどの方がすぐに治ってしまうもの。

下痢の副作用が出ること自体が非常に稀なケースです。

ジスリンの有効成分

ジスリンの有効成分は、「アジスロマイシン」という成分。これはマクロライド系抗生物質です。すでに感染してしまっている細菌の病巣へすばやく効果を発揮し、殺菌してくれます。

殺菌だけで終わらないのがこのアジスロマイシンのすごいところ。

なんと、一度服用すると血中濃度がおよそ7日間も持続することがわかっています。

わかりやすくいえば、7日間もの間殺菌し続けてくれるため確実な治療を可能にする上、抗菌効果もあるということです。

性病などのもととなる細菌は非常に生命力が高く、それにあわせて再発率も相当のもの。

しかしジスリンを服用すればすばやく確実的に性病を完治させることができるのです。

ジスリンの先発薬であるジスロマックとは

ジスリンは、ジスロマックという先発医薬品をもとに作られています。

まずはジスロマックについて詳しくご紹介します。

ジスロマックは現在日本でもクラミジアの治療薬として病院で処方されている、現役のお薬です。ジスリンはほとんどジスロマックの成分と同じように開発されているので、ジスロマックの効果はイコールジスリンの効果であると言えるでしょう。

ジスロマックはファイザーという製薬会社が開発した抗生物質。

ファイザーは長年世界中の幅広い病気と向き合ってきた、実績のある会社です。

適応できる細菌はクラミジア以外にもさまざまで、カビである真菌やウイルス、歯周病のもととなる細菌にも効果を発揮します。

有効成分はジスリンと同じくアジスロマイシン。クラミジアであれば1000mgの有効成分を含んだジスロマックをたった一度服用するだけで完治させることができてしまいます。

ジスリンの値段

日本国内ではジスリンを手に入れることはできませんが、その先発医薬品のジスロマックを購入することは可能です。それが病院での処方箋をもらう方法。

ただ、これは処方箋をもらって薬局でジスロマックを購入すればいいという話ではありません。

まず病院に行った時点で診察と検査を受けなければならず、相場でいえばこの時点でおよそ3000円程度。一週間のジスロマックの処方箋代とくすり代だけでもまた追加で3000円前後は支払わなければなりません。

初診の場合は?保険が適用されなかったら?など、まだまだ費用がかさむ可能性は潜んでいます。

一方、ジスリンを海外の医薬品通販サイトから個人輸入したとして、掛かる代金はジスリンそのものと海外からの輸送代だけです。平均して2000円~3000円前後。

この比較を見れば一目瞭然です。病院に足を運ぶ必要もなく注文するだけでジスリンが手元に届くほうが、断然おすすめできる購入方法です。

ジスリンが安い理由

ジスリンが安価である理由は、けっしてジスロマックに劣っているからではありません。

ジスロマックは先発医薬品。0から医薬品を作り上げるのには数億円にも昇る開発資金が必要となります。そしてようやく世に出しても開発資金を回収するには数年掛かってきます。

そこで、特許を取るのです。この特許は数年経つと消えてしまうものではありますが、特許の期間中は似た成分の医薬品を販売することができないため数年先までジスロマックの独擅場となります。

数年~数十年が過ぎて特許の期間が切れると、ついに特許の切れた先発医薬品のジェネリック開発が可能になります。

ジェネリックはもとからある医薬品の成分と効果作用とほぼ同じものを作ることなので、0から作り上げたジスロマックの開発費にくらべると安価に製造することが可能となります。これこそ、ジスリンがジスロマックと変わらぬ性能を持ちながらも安価に販売されている秘密です。

同等の効果を得られて、なおかつ安価に手に入るジスリンを選ばない理由がありません。

ジスリンを製造するスマート社について

ジスロマックをもととしたジェネリック医薬品を製造している海外の製薬会社は数々ありますが、その中でもおすすめなのがジスリンを製造している「スマート社」というところ。

スマート社はインドに本社を置く会社なのですが、日本人が開発に参加しており日本人に適した薬の開発を行っています。

インド国内には多数のジェネリックメーカーがあるため、なんとHIVの感染者に提供されている治療薬の80%がインド製なのです。そんなインドの製薬会社となれば、どれほどすごいところなのかがわかっていただけたかと思います。

ジスリンはジェネリック医薬品であるためジスロマックに比べると非常に安価に販売されています。現代であれば海外からの送料もそれほど高くはないため、国内でジスロマックを診療代・処方箋代・医薬品代など込みで購入するよりもはるかにおトク。